MENU

看護師はプロとしての誇りをもって働きましょう

看護師として働き始めると、そこでは一人のプロの看護師となります。
そのプロの看護師として働くためには、どのようなことが必要なのでしょうか。
そのことについて、まとめてみました。

 

・向上心をもつ

看護師1
医療の現場では、日々進化しています。
そのため、一度勉強をした内容について、ずっと活かしていけるということはないのです。
そのことから、新しいことを知りたいという、向上心をもって、知識や技術を伸ばす努力をすることが大切です。

 

・患者さんを中心に考える

 

何か戸惑った時、原点の考えとして、患者さんにとってはどうなのだろうと考えます。
すると迷っていることも、比較的簡単に答えを出すことができます。

 

・ストレスは溜め込まない

 

看護師のストレスは、相当なものです。
そしてそのストレスを解消することも、プロの看護師としてとても重要です。
それは、ストレスを感じることによって、ミスをする危険性が高くなるからです。
そのため、ストレスを感じていると思った時には、速やかに解消することが出来る方法を身につけておきましょう。
そのようにすることによって、長く看護師として働くことができます。

 

・コミュニケーションは積極的に取る

 

看護師も人間なので、この人は苦手という人もいます。
しかし、そこは仕事の中ではしっかりとコミュニケーションをとって、プロの意識をもつことが大切です。
仕事を思うと、簡単にそのことも実施することができます。

 

・自己判断をしない

 

ほうれんそうという言葉がありますが、看護師の場合は特にそのことが大事になってきます。
それは、自己判断で行ってしまうと、後で自分で全て責任を取ることになります。
そのような不安は避けたいものです。
自分で判断に迷った時には、相談をするようにしましょう。
また報告に迷った時には、報告をする方がいいのです。
そのことは、プロの看護師として組織の中で働く時、最も大切なこととなります。

総合病院とクリニックで働く看護師の違いはこんなにあります!

総合病院と、クリニックでは多くの違いがあります。
看護師が感じる、その違いについてまとめてみました。

 

・看護師の数

 

看護師の数は、圧倒的に総合病院が多いです。
夜勤もあるので、それも関係しています。
クリニックは、同じ看護師さんが働くことになります。
その点総合病院の場合は、部署異動があるので、別のところに異動をしたり、別の部署から看護師さんが異動をしてくることもあり、よく看護師が入れ替わっています。

 

・勤務状況

 

勤務をする時に、総合病院の場合は夜勤があります。
また早出、遅出などの変則勤務をすることがあります。
その点クリニックの場合は、日勤だけの勤務となっています。

 

・休憩

 

休憩はクリニックの場合は、その休憩時間をたっぷりと取ることができます。
そして休憩場所も横になれるところもあるところもあり、優遇されていると感じることがあります。
総合病院の場合は、緊急入院や、患者さんの状態が急変する場合など、十分に休憩を取れないこともあります。
交代制なので、うまくできていることもありますが、何があるのかわからないということがあります。

 

・研修

 

研修については、圧倒的に総合病院の方が優れています。総合病院では、定期的に講義等を企画しているので、それに自由に参加をすることができるのです。
また自分が行きたいと思っている研修については、補助金等を優遇してくれる場合もあるので、研修にいく看護師も多く見られています。
クリニックの看護師も研修にいくことはできますが、院内研修はほとんどない状況です。
看護師2

・看護師としての知識や技術の向上

 

看護師として知識や技術を伸ばしたいと思っている場合は、総合病院の方が、その機会が圧倒的に多いです。
患者さんの数が違っているので、その数だけ知識や技術を学ぶことができます。
そしてそこで得たものは、一生の財産とすることができます。
クリニックの場合は、そのクリニックの専門性に特化した内容を伸ばすことができます。

 

【PR転職ガイド】

転職を探している看護師さんは転職サイトを使う人が多いと思いますが、看護のお仕事で転職できた人が多いみたいです!
ナース人材バンクなども有名ですがやはり看護のお仕事の利用率がトップのようです!2016年